ごきげんよう、はづきです。

先月より、大変お騒がせしておりましたこちらの件

いよいよ本日となりました。

ここまで、具体的なご報告も何一つできず申し訳ありません。現状でも特に進展はなく、皆様にご報告できることもない状況です。私自身、自分のできる範囲の小さな行動を続けてはおりますが、こちらも特段何かを得られる内容ではないと思っております。(今後同じようなことが起こらなければいいな、程度の気持ちで動いています)

ちなみに多くご連絡いただいていた「然るべき場所へ相談に行きなさい」というアドバイスですが、こちらも軽くTwitterでご報告させていただいた通り6/3に労働基準監督署の相談窓口を利用させていただきました。自分でもまあそうだろうなとは思っていたのですが、監督署から直接指導ができるような点はないとのことです。問題がないといわれるとそうではないと思いますが…というような回答をもらっていますが、これに関してはどういった企業でも多かれ少なかれ抱えている問題ではないかなあと思いますのでこれ以上の追及はしないつもりです。また、相手方に非があるとも思っていません。対応に関して不満がないわけではありませんが、今回の解雇に関して私にも落ち度があったのは事実だと思います。

私の気持ちとしては、お店自体を攻撃したり、今回の処遇について反撃したいという思いはありません。雇用を継続しろというつもりもありません。ただし、どのような業種のどのような企業であれ雇用契約を結んでいる(いた)以上対応しなくてはならないものがあると思いますので、そちらに関しては一段落つくまでやらせていただきたいと考えていますのでご安心(?)ください。たくさん心配してくださったり、たくさんアドバイスを下さって本当にありがとうございます。

今回、このような形でお店を去ることになり、私の方からどのように説明したものかと悩み混乱した状態で例のTwitterでの発信となりました。今となっては、もっと冷静になってから大人の対応をすべきだったのではと思う部分もありますが、嘘偽りのない事実を伝えたかったという気持ちは今も変わりありません。そして、このような発信をしたことによって多くの方を巻き込みご迷惑をおかけし、また嫌な気持ちや悲しい気持ちにさせてしまったのも事実であると思います。本当に申し訳ありませんでした。

メイドカフェ、そこで働くメイドというものは夢や癒しを与えるものでなくてはならない、というお約束事を私は盛大に破りました(そもそもそのような存在であったかどうかは別として)。私自身に対するイメージがどうなるかは然程気にしてはいませんが、やはり店舗に所属する人間として、該当店舗の評判や信頼を揺らがしかねない行動だったと反省しています。今回の件で、もうお店に行きたくない、そう思わせてしまった方がいるとするならば、直接ご連絡いただいたわけではありませんが少なくとも数名の方を把握しているのですが、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。ごめんなさい。この件が公に出てこなければ、あの空間で今も楽しく過ごせていたかもしれないということがただひとつだけの後悔です。

ここまで騒いで何がしたかったのか?と問われると、正直私も感情で動いてしまったのは否めないので苦しいのですが、「事実を知ってもらいたかった」が行動原理です。解雇予告が出される前、6月以降しばらくシフトから外される通告を受けていましたが、その時点では解雇ではないとのことでしたので皆様に向けた発信は特にしていませんでした。そんな中でも次回の勤務日を確認してくれる方がいたり、店頭で別れの挨拶に「またね」といって出発される方を見送ったり、もっと前からでも「また会いに来るからね」と言ってくれる方々がいたり、どんなに小さなことでも約束をしてくれている人たちがいて、その人たちへ何と説明したらいいんだろう、という気持ちでいっぱいでした。この気持ちを殺すことができませんでした。もっとオブラートに包んだ言い方だって出来たと思います。なんなら何も言わずにいなくなることだって出来たと思います。それが出来ず、事実を知ってもらいたいと思うことは私のエゴです。ごめんなさい。

これ以上文章を書いているとどんどんメンヘラ的になっていきそうなのでそろそろおしまいにしたいと思います。今回の件に関してのネット上での公開言及は、こちらの日記を最後に控えさせていただこうと思います。何かしらのイベントなどでお会いした時にお話ししたりする分には特段構わないので、聞きたいことがあったり、話のネタにする分には問題ありません。ショックの大きな出来事ではありましたが、ずっと仄暗いものとして抱えていくよりは(放出できるものは)放出して明るく生きていきたい所存です。

某店についての私の思いはファンティア日記にでも書かせていただこうと思います。書くと公言していましたので。約2年4か月ほど在籍させていただきましたが、たくさんの人と出会うきっかけをいただきました。たくさん友達ができたような気持ちです。もしも許されるならば、これからもずっと友達でいてくれたら嬉しいです。ここで感動的に締めてしまうともう会えないみたいになるのが嫌なので、友達でいてください。

またねの約束しばらくは守れないかもしれませんが、会える機会はいっぱいあるはずなので、気が向いたら会いに来てください!また会いましょう!